前へ
次へ

女性が葬儀に参列する時の喪服以外の注意点

女性が葬儀に参列する際によく話題となることがあります。
それは化粧です。
葬儀のマナーでは化粧はタブーなのでしょうかそれとも許されるのでしょうか。
その前に女性は自分の年齢に応じた喪服を用意しておく必要があります。
それは大抵10年ごとに見直されます。
つまり女性は10年ごとに新しい喪服を新調しなければならないということになります。
男性はどうでしょうか。
会社に入社したら、退職するまでわずか一着の喪服で済ませることもできます。
これが女性と男性の大きな違いです。
女性には化粧という最大の難関があります。
果たして女性が薄化粧をして葬儀に参列するのは葬儀のマナーに違反するのでしょうか。
結論から先に申し上げますと、それが薄化粧の場合に限り、マナー違反とはなりません。
葬儀マナーに反するのは、お化粧で真っ白になっているような顔で葬儀に参列することです。
それから注意すべきは匂いの強い香水です。
香水だけは葬儀に参列する際には控えられておいたほうがよろしいです。

Page Top