前へ
次へ

喪服の黒は普段着とは違う

喪服は黒い色の服を連想させるものですが、黒という色味には幅広いカラーバリエーションがあります。
普段着でも着ることができる黒もありますが、喪服となると特別な黒ともなるのです。
そのことをしっかりと知っておかなければ、葬儀の場で自分自身が恥をかいてしまうことになり、さらに親族など他の人にも迷惑をかけることにもなってしまいます。
喪服の黒は、漆黒とも言われるような深い色味の生地であることがマナーとなっています。
さらに、光るものもタブーとされているので、ボタンやファスナーなどにも注意が必要です。
つまり、普段着用しているようなスーツやワンピースを代用して利用するというのは難しいこととなるため、専用に一着用意しておくことになります。
一般的な店舗で探すとなると見つけるのが難しいですが、喪服専用の売り場となるとボタンを共布で包んでいたりと専用に作られているので、あれこれ気にせずに急な場合でも買ってすぐに着用ができます。

Page Top