前へ
次へ

20代30代はどんな喪服を選んだら良いのか

女性が葬儀に出席する際に一番気を使うのが服装選びかと思います。
ひとくちに喪服といっても多くのデザインがありますが、年代を考慮に入れて選ぶことも大切です。
ここでは20代30代女性の喪服の選び方をみていきましょう。
まず20代ですが、きちんとしたルールに則っていれば若々しさを出せるもので構いません。
リボンなどが付いていても着こなすことが出来ますが、長く着ることを考えれば着脱可能なものを選んでおくと便利です。
ボトムはパンツでもスカートでもかまいませんが、パンツは流行により形が変化しやすいため、あまりその時の流行ものを選んでしまうと後々履けないなどという事にもなりやすいので注意しましょう。
30代は20代と比較して、やや落ち着いた装いが好ましいとされます。
おすすめなのがアンサンブルで、ジャケットなどのトップを変えることが出来るため、あらゆる季節に着こなせて便利です。
またこの年代は、妊娠出産などで体型が変化しやすい時期です。
パンツは少し体重が変わっただけでフィット感が変わりやすいですから、ボトムになる部分はワンピースやスカートのほうが向いているといえるでしょう。

Page Top