前へ
次へ

お通夜での男性の喪服マナー

男性がお通夜に行くときの喪服は、ブラックスーツか紺、グレーなどのビジネススーツなら正式な喪服でなくても問題ありません。
シャツは白無地で、ネクタイはつやのない無地の黒にします。
冬場のコートはグレーや紺など地味なコートならよいですが、毛皮は殺生につながるのでフェイクでもいけません。
靴下は黒い靴下ですが、くるぶしが見えるような短いものはNGです。
靴は飾りのついていない黒革靴にします。
ハンカチは黒か白で、結婚指輪以外のアクセサリーや派手な時計は避けます。
数珠は必要という意見も必要ないという意見もありますが、仏式葬儀には持参すると無難でしょう。
香典は香典袋に入れますが、香典袋を裸で持つのはあまりよくありません。
弔事用のふくさという専用の包みがありますので、それに入れて持参しましょう。
男性は基本的にバッグは持たないのが理想ですが、仕事帰りに駆けつける場合などもあります。
クロークがあれば預けて、ない場合は席の下や邪魔にならない場所に置いておくようにしましょう。

Page Top